2015年4月アーカイブ

スマートフォン形状LEDポータブルルーペ

共栄スタッフ 2015.04.28 09:03 | コメント(0) | トラックバック(0)

スマートフォンのような形で高輝度LEDライトが4灯も内蔵されたコンパクトルーペが登場! 


初回限定記念で先着2,000個につき


MITSUBISHI製ボタン電池が4個サービスで付属されます!


このLEDポータブルルーペはスマートフォン形状の


高輝度LEDライト4灯が内蔵されたコンパクトルーペで


暗い環境下でもルーペとしての機能をフルに発揮し、文字も写真も細かな部分まで


明るく照らして大きく美しく見ることができます。


コンパクトサイズは持運びにも便利でカバンやバッグの中に入れておき、


サッと取り出し素早く使用することができます。


保管用ケース付きなのでカバンやバッグの中に入れてもレンズにキズがつきません。


倍率は大きい四角のレンズが2倍で小さな丸のレンズが4倍となっています。


スタイリッシュで無駄の無いスマートフォンのようなフォルムは


ルーペにはとても見えにくいので女性にも好まれるデザインになっています。


A4チラシPDFのダウンロードはこちらから



2015_NEWS_LPL-1600_gentei-thumb.jpg

『第1回 お勧めのお酒』

共栄スタッフ 2015.04.27 09:46 | コメント(0) | トラックバック(0)

暖かくなって冷えたお酒がより美味しい時期になりました!

今日は個人的にお勧めのお酒を紹介したいと思います。

◎赤ワイン
モンテスアルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン
価格 2000ー2500円

このワインは「欧州へ逆輸出されたワイン」として一躍有名になりました。
1987年のファーストリリース後、 あまりの品質の高さに、ヨーロッパ諸国も注目。
ワイン生産大国がこのワインの実力を認め、輸入したのです。
チリワインがヨーロッパに輸出されるなど昔は想像もつかないことでした。
しかし何とモンテスは夢を現実にしてしまったのです。

品質を追い求めて成功を納めたモンテス社!
素敵なストーリーですね。

MONTES-thumb.jpg

読書の春?

共栄スタッフ 2015.04.20 09:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

最近、本を読む人が減っているという話をよく聞きます。
それを耳にしたのでもうすぐGWだ、ゆっくりみんなに本を読んでもらおう
考え僕の本棚から個人的おすすめの本を2冊、紹介したいと思います。

YOSHIO_1-thumb.jpg

まず一冊目は三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」
この本はドラマや映画になっているので知っている方も多いはず
便利軒という名前の通り物語は便利屋をやっている一人プラス居候の話で、
2人の日々のだらだらした生活と「何でもできるだけ引き受けます」という言葉が
あだになって舞い込んでくるトラブルや二人の過去に何があったか・・・
というさわりしか書きませんがあとは読んでみてください。
ネタバレは基本しませんので

YOSHIO_2.jpg

さて.2冊目ですが小野不由美さんの屍鬼
こちらの作品もアニメ化されており映像で見れますが個人的には
小説の方が面白いですまた.小野不由美さんの作品はファンタジーな作品が多いため
アニメ化されている作品がたくさんあります。
機会があればそちらも紹介したいなと思います。
この作品はある田舎の町に家族が引っ越してきたところ
町の人が次々亡くなっていきます。
そしてある日を境に亡くなった人が町の中をさまよっていると言う
うわさが流れはじめて・・・・
町の中で何が起こっているのかそしてことの真相はそれは
この本を読んで確かめてみてください。
少し早いですがよいGWを!(^^)!

YOSHIO_3-thumb.jpg

65年

共栄スタッフ 2015.04.13 11:37 | コメント(0) | トラックバック(0)

春ですね~って言いたいところですが、先週は冬に逆もどりでしたね。


また雨が多かったから、今年はまだ季節を感じていない気がします。


日々アンチエイジングにいそしんでおります総務グループのMがブログを担当させていただきます。


今回は当社の歴史を少しお話させていただこうと思います。


当社は1941年共栄セルロイド工業の名称で始まり、


ピンポン玉とかペン軸(インクにつけて書くペン)などのセルロイド商品を取り扱っていたようです。


TAKKYU-thumb.jpg



それから1950年5月11日に現在の共栄プラスチックに名称を変更し、今年の5月で65年が経ちます。


しかしなんとも恥ずかしことですがつい最近まで知らなくて、


名前は忘れてしまいましたがイベント会社から


「創立65年ですがなにかイベントをするご予定とかあるのですか」


と電話セールがかかってきて気づいたしだいであります(;一_一)


改めて回りを見渡すと、保存されている古いカタログがあり、


そのカタログには子供のころに使ったことのある定規が掲載されていたり


(年齢がばれてしまいますが・・・)、


色あせた契約書が出てきたりするのですから歴史の重みを感じずには居られません。


それと忘れてはいけないのがこのハゲハゲの福助人形もそうです(笑)


FUKUSUKE-thumb.jpg


しかし、創立100年という会社は全国に20,000件以上あるそうです。


そんな会社と比べてしまうとまだまだなのですが、


65年を迎えることが出来たのも、先輩方の努力と知恵。


それと一番はお客様に愛され、喜ばれる商品をお届けしたいという思いと、


また一番忘れてはいけないことはお客様に愛され支えられてきた65年間だったということだと思います。


そんな思いの詰まったバトンを引き継いだ私たちも、精進し責任を持って


次世代にバトンを回せるように努めなければならないと


65年を迎えるにあたり身が引き締まる思いでいます。

「おめでとう」の季節

共栄スタッフ 2015.04.06 09:48 | コメント(0) | トラックバック(0)

4月になりました。


この時期は入学・入社など新生活が始まる時期です。


入社20年以上の私にはあまり縁のない話しでしたが、


今年は少し意識した年のように思いました。


というのも私の次女が高校へ入学したこと(姉ごめん)、


自分自身が昨年から約10ヶ月間にわたり


受講していた、あるセミナープログラムを卒業し3月に卒塾式があったことからかもしれません。


自分も娘も周りの方から「おめでとう」とお声をかけていただき、少し恥ずかしい感じもしましたが


人生の中でお正月を除き、「おめでとう」と言われることってどれくらいあるのだろうか?


卒業・入学・入社・結婚・出産・誕生日・おめでとう詐欺・・・


いずれにしても自分はこれから何回「おめでとう」と言われるのだろうか?


自社の商品が○○賞を受賞して「おめでとう」と言われるように頑張ります!


GOKAKU-thumb.jpg

1 | 2